asahi_history

旭陽化学工業株式会社 沿革


1884(明17) 田寺製膠所創業。和膠の製造を始める。
1901(明34) 現在の会社敷地内に工場を新築し、工場生産に移る。接着剤などが無い時代に牛の真皮を原料にした膠を量産。
1915(大4) 工場を増築し、県内の同業者より製品を仕入れ、問屋業務も行う。
1941(昭16) 戦時経済統制下のもと、商工省の企業整備令により企業合同をし、網干地域の中核工場となって播磨膠工業(株)に統合される。
1948(昭23) 戦争終結により統合会社は解散し、個人事業を再開して復興に努める。
1957(昭32) 旭陽化学工業(株)を設立。設備の近代化・新技術の導入をもって、洋膠の生産に着手。
1960(昭35) (株)ニッピの協力工場となり、技術・販売の両面で提携をはかる。
1971(昭46) 工場の増改築、乾燥装置等設備の拡充を行い、酸性ゼラチンの生産を始める。
1976(昭51) 乾燥機等の増設で設備を合理化し、食用・医薬品ゼラチンの増産体制を整う。
1978(昭53) 社屋及び研究室を新築する。
1981(昭56) アルカリゼラチンの生産開始。
1982(昭57) 限外濾過装置を設置し、品質向上をはかる。
1983(昭58) 工場増築や濃縮装置・乾燥装置等を増設し、省エネ自動化を進める。
1987(昭62) 旭陽化学工業(株)第二工場操業開始。
1988(昭63) ゼラチンの自動包装機を導入。設備の自動化・合理化を更新し、更に増産体制が整う。
1993(平5) 更なる品質管理の向上で、医薬用ゼラチンの充実をはかる。
1995(平7) コラーゲンペプチド(牛・豚)の生産開始。
1998(平10) 試験研究室の拡充。品質管理の強化をはかる。
1999(平11) ドラム式コラーゲンペプチド乾燥機導入。
2003(平15) ISO-9001 2000年版認証取得。
2004(平16) 海洋性コラーゲンペプチドで「モノづくり大賞」知事賞を受賞。
2005(平17) スプレー式コラーゲンペプチド乾燥機導入。
2006(平18) CO2削減、省エネを目的として、燃料転換、ボイラー設備の更新をする。
2008(平20) 経済産業省から、全国「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる。
2009(平21) 環境対策として、発酵機を導入。
2010(平22)
コラーゲンペプチドの自動包装機を導入。スプレー式コラーゲンペプチド乾燥機1・2号機に続き3号機を増設。
2011(平23)
日本画、文化財の修復に必要な三千本膠の復元に取り組む。
2013(平25)
EDQM(欧州医薬品評価局)認証取得。
2014(平26) 省エネを目的としてヒートポンプを導入。
2014(平26) 簡易造粒機導入。
2014(平26) ヒートポンプ方式の熱回収設備を導入する。
2014(平26) スプレー乾燥機に簡易造粒機導入。
2015(平27) 日本ゼラチン・コラーゲンペプチド工業は組合名を『 日本ゼラチン・コラーゲン工業組合 』 に改称しました。
2016 (平28) 兵庫県版HACCP 認定取得。
2016 (平28) ISO 22000:2005 認証取得。
2017 (平29) FSSC 22000 認証取得。


1884(明17) 田寺製膠所創業。和膠の製造を始める。
1901(明34) 現在の会社敷地内に工場を新築し、工場生産に移る。接着剤などが無い時代に牛の真皮を原料にした膠を量産。
1915(大4) 工場を増築し、県内の同業者より製品を仕入れ、問屋業務も行う。
1941(昭16) 戦時経済統制下のもと、商工省の企業整備令により企業合同をし、網干地域の中核工場となって播磨膠工業(株)に統合される。
1948(昭23) 戦争終結により統合会社は解散し、個人事業を再開して復興に努める。
1957(昭32) 旭陽化学工業(株)を設立。設備の近代化・新技術の導入をもって、洋膠の生産に着手。
1960(昭35) (株)ニッピの協力工場となり、技術・販売の両面で提携をはかる。
1971(昭46) 工場の増改築、乾燥装置等設備の拡充を行い、酸性ゼラチンの生産を始める。
1976(昭51) 乾燥機等の増設で設備を合理化し、食用・医薬品ゼラチンの増産体制を整う。
1978(昭53) 社屋及び研究室を新築する。
1981(昭56) アルカリゼラチンの生産開始。
1982(昭57) 限外濾過装置を設置し、品質向上をはかる。
1983(昭58) 工場増築や濃縮装置・乾燥装置等を増設し、省エネ自動化を進める。
1987(昭62) 旭陽化学工業(株)第二工場操業開始。
1988(昭63) ゼラチンの自動包装機を導入。設備の自動化・合理化を更新し、更に増産体制が整う。
1993(平5) 更なる品質管理の向上で、医薬用ゼラチンの充実をはかる。
1995(平7) コラーゲンペプチド(牛・豚)の生産開始。
1998(平10) 試験研究室の拡充。品質管理の強化をはかる。
1999(平11) ドラム式コラーゲンペプチド乾燥機導入。
2003(平15) ISO-9001 2000年版認証取得。
2004(平16) 海洋性コラーゲンペプチドで「モノづくり大賞」知事賞を受賞。
2005(平17) スプレー式コラーゲンペプチド乾燥機導入。
2006(平18) CO2削減、省エネを目的として、燃料転換、ボイラー設備の更新をする。
2008(平20) 経済産業省から、全国「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる。
2009(平21) 環境対策として、発酵機を導入。
2010(平22)
コラーゲンペプチドの自動包装機を導入。スプレー式コラーゲンペプチド乾燥機1・2号機に続き3号機を増設。
2011(平23)
日本画、文化財の修復に必要な三千本膠の復元に取り組む。
2013(平25)
EDQM(欧州医薬品評価局)認証取得。
2014(平26) 省エネを目的としてヒートポンプを導入。
2014(平26) 簡易造粒機導入。
2014(平26) ヒートポンプ方式の熱回収設備を導入する。
2014(平26) スプレー乾燥機に簡易造粒機導入。
2015(平27) 日本ゼラチン・コラーゲンペプチド工業は組合名を『 日本ゼラチン・コラーゲン工業組合 』 に改称しました。
2016 (平28) 兵庫県版HACCP 認証取得。
2016 (平28) ISO 22000:2005 認証取得。
2017 (平29) FSSC 22000 認証取得。